無料 パチスロ ゲーム

特集

スポニチ

スポーツニッポン新聞社から配信を受けています。

特集一覧

楽天・安楽 保留者名簿から外れて退団、自由契約に パワハラ報道「ほぼ事実」と球団発表

記事配信

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
パワハラ疑惑が浮上している安楽 拡大
パワハラ疑惑が浮上している安楽
安楽のパワハラ報道に対する調査結果一覧 拡大
安楽のパワハラ報道に対する調査結果一覧

 楽天は30日、安楽智大投手(27)をあす12月1日に公示される契約保留者名簿から外し自由契約とすると発表した。保留者名簿は30日がNPBへの提出期限だった。若手選手へのパワーハラスメント(パワハラ)疑惑の発覚を受け、本人への聞き取りや、関係者へのアンケートなどの結果を受けこの日、森井誠之球団社長が会見し、パワハラ疑惑について「ほぼ事実」と認定した。これにより退団が確定。調査は引き続き継続される。

 会見で森井球団社長は「アンケート結果をもとにヒアリングを実施し、照らし合わせた上で調査確認を慎重に進めて参りました。報道がなされていた事象が、ほぼ事実と判明しました。本人は本当に申し訳ないと反省の弁を何度も述べております」と説明し、さらに「保留選手名簿に記載しないと決めました。誠に申し訳ありません」と謝罪した。

 会見では、アンケートは137人に調査し、回答率は92%だったという。直接の被害は約10人で、見た聞いたという選手は約40人にのぼった。

 今オフの契約更改の席上、複数の選手が告発し、問題が発覚。後輩の若手選手に倒立を命令し、身動きの取れない状態で下半身を露出させたほか、金銭の支払いを強要したこともあったとされた。報道で問題が明るみに出た25日に球団は監督・コーチ、選手、スタッフら約100人を対象にパワハラの有無を問うアンケートを開始。同日に予定されていた安楽の契約更改交渉は無期限延期となり、本人は自宅待機となっていた。

 27日に宮城県内で予定されていた選手会納会、29日の投手会と捕手会、30日の野手会も相次いで取りやめになるなど騒動の余波が続いていた。問題発覚を受けて森井誠之球団社長は「適切な処置、対応をしたい」と語っていたが、引き続き全容解明へ今後も取り組んでいく。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集