無料 パチスロ ゲーム

特集

米軍オスプレイ墜落

米軍のCV22オスプレイが2023年11月29日、屋久島沖で墜落。国内で起きた米軍オスプレイの事故で死者が出たのは初めてです。

特集一覧

防衛相「安全確認されるまで飛行停止を」 オスプレイ墜落受け要請

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米軍オスプレイが墜落した現場海域を捜索する海上保安庁の巡視艇(右)とヘリコプター=鹿児島県屋久島町沖で2023年11月30日午前10時2分、本社ヘリから吉田航太撮影 拡大
米軍オスプレイが墜落した現場海域を捜索する海上保安庁の巡視艇(右)とヘリコプター=鹿児島県屋久島町沖で2023年11月30日午前10時2分、本社ヘリから吉田航太撮影

 木原稔防衛相は30日の参院外交防衛委員会で、米軍輸送機CV22オスプレイが29日に鹿児島・屋久島沖に墜落した事故を受け、安全が確認されるまで飛行を停止するよう米側に要請したことを明らかにした。「国内に配備されたオスプレイについて、捜索・救助活動を除き、安全が確認されてから飛行を行うよう要請するとともに、事故の状況等について早期の情報提供を求めている」と述べた。防衛省の大和太郎地方協力局長は、陸上自衛隊が運用しているオスプレイについても、事故の状況が明らかになるまで当面飛行を見合わせると答弁した。

 上川陽子外相は30日、米国のエマニュエル駐日大使と外務省で会談し、安全が確認されてからオスプレイの飛行を行うよう求めた。エマニュエル氏は「現在事実関係を調査中だが、日本政府と緊密に連携し情報共有していきたい」と述べ、飛行停止には言及しなかった。

オスプレイの墜落事故について、上川陽子外相(左)に対し日本の協力への謝意を述べるエマニュエル駐日米大使(右)=外務省で2023年11月30日午後2時7分、川口峻撮影 拡大
オスプレイの墜落事故について、上川陽子外相(左)に対し日本の協力への謝意を述べるエマニュエル駐日米大使(右)=外務省で2023年11月30日午後2時7分、川口峻撮影

 木原氏は外交防衛委で今回の事故について「墜落」と説明した。宮沢博行副防衛相は29日に「不時着水」と説明していたが、木原氏は「本日になって米側から墜落という説明があった」と述べた。

 一方、米空軍は29日、墜落したCV22オスプレイについて、搭乗員8人を乗せて定期的な訓練を実施していたところ事故に巻き込まれたと発表した。原因については「現在のところ不明」としている。

 これに関連し松野博一官房長官は30日の記者会見で、陸上自衛隊オスプレイの佐賀空港(佐賀市)への配備計画は変更しない考えを示した。【源馬のぞみ、ワシントン西田進一郎】

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集