無料 パチスロ ゲーム

リンゴ試食で食中毒 6歳と70代が集中治療室 茨城・大子の果樹園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
茨城県大子町 拡大
茨城県大子町

 茨城県は29日、果樹園「豊田りんご園」(大子町)でリンゴを試食した12人が下痢や腹痛などの症状を訴えたと発表した。検査した便から病原性大腸菌O157が検出され、食中毒と断定した。

 県によると、12人は5日に同園で試食した3歳~80代で、うち6人が10歳未満。6日以降に発症し、最大5人が入院した。29日時点で3人が入院中で、うち6歳の男児が集中治療室(ICU)で人工透析と人工呼吸器の装着を受けており、70代の女性もICUで治療中。従業員1人の便からもO157が検出されたが無症状だった。

 県は、リンゴ自体の汚染ではなく「作業工程で何らかの原因で汚染されたと考えられる」とし、施設や調理器具の消毒や洗浄を呼び掛けている。同園は県の指導に基づき、16日から試食を停止。果樹園でのO157による食中毒は県内初という。【木許はるみ】

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集