無料 パチスロ ゲーム

「田舎扱い」と市長憤慨 ローカルTV局支社閉鎖で 群馬・太田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
群馬テレビ本社=前橋市上小出町で2023年10月21日、田所柳子撮影 拡大
群馬テレビ本社=前橋市上小出町で2023年10月21日、田所柳子撮影

 群馬テレビは太田、桐生や邑楽郡などで営業活動を展開していた東毛支社(太田市)を30日で閉鎖する。これを受け、太田市の清水聖義市長は29日の会見で「情報量が少なくなる。甚だ遺憾だ」と述べた。

 清水市長は「(テレビ局の放送免許は)国からもらっているもの。まず前橋や高崎に拠点があり、あとはその他大勢。田舎扱いされ、排除されていく」と不満を示した。拠点が消えることについて「東毛地域でも関心が高いからスポンサーになっているのに、減っちゃうのでは。拠点がなくなればニュースの量は減る」と指摘した。

 群馬テレビによると、東毛支社は1981年に東毛支局として開設し、91年に支社と改称。営業担当の支社長と担当員の2人で、営業活動をしていた。今後は前橋の本社に報道と営業担当を置く。

 太田市は同テレビの株式を約0・6%保有。同市に生産拠点があるSUBARUは約2・7%を持っている。【上鵜瀬浄】

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集